無料診断・無料見積り!
  • 電話する
  • メールする
札幌をはじめ北海道で火災保険が適用された住宅の修理・修繕・リフォームの事例を、修理費用や修理前・修理後の様子を交えながら、ご紹介します。類似する被害でお悩みのお客様は、保険適用のプロがいる「ホームリーワン」へお気軽にご相談ください。
ケース167:雪止め金具が屋根に衝突し板金が破損
屋根 | 屋根板金
BEFORE

nebRRYQRcUZBUtE1512726046

ビフォアフター
AFTER

U2Zmq4BED2wSWRU1512726018

冬の時期に雪止め金具が落下してきた、屋根は大丈夫だろうかとお客様はご心配をされておりました。案の定、板金に金具が衝突した箇所がありました。ですが、保険が適用になり少ない負担金額で屋根の板金を新しくすることが出来ました。今回ご紹介するのは屋根の保険適用事例です。

 

【ご依頼までの経緯】

当社のチラシをご覧になりお、問い合わせを頂いたお客様でした。冬の時期に屋根から雪止め金具が落ちてきたとのことです。また、落雪の際に窓ガラスも割れてしまったそうです。窓ガラスの被害はこちらからご覧ください【ケース178:屋根からの落雪により窓ガラス破損ご自身で屋根に上るのも難しくなったそうで、当社にて無料診断と一緒に屋根の点検を行わせて頂くことに致しました。

【無料点検を実施後】

保険適用箇所:屋根板金

ご自宅にお伺いし、屋根の点検を行わせて頂きました。2階屋根に雪止め金具を取り付けられていましたが、お客様からのお問い合わせ通り、数か所外れてしまっている箇所があり、屋根板金には打痕が見受けられました。恐らく雪止め金具が外れ、落ちる最中に板金に衝突し、破損したのではと考えました。被害状況を保険会社に報告した結果、保険が適用になり、屋根を修繕することが出来ました。

 

☑チェックポイント

今回は、保険適用後にお客様より、屋根を『ストッパールーフ』にしたいとご要望を頂きました。通常は現状復旧になるので横葺きの板金で仕上げる形になりますが、雪止め金具を再度取り付けても同様の被害に遭うかもしれないとのことで、『ストッパールーフ』で仕上げさせて頂きました。多少ご負担いただく部分は御座いましたが、保険金を利用することで通常よりもぐっと費用は抑えられました。

 

・屋根点検時の写真

nebRRYQRcUZBUtE1512726046

W1bYw5nTI85D7ym1512726085

2枚目の写真の様に板金には打痕が見受けられました。

 

・屋根葺き替え後の写真

U2Zmq4BED2wSWRU1512726018

Gce1YUCoxZfT8C31513124807

ストッパールーフで仕上げました。

雪止め金具と同様にゆっくり雪を落とす仕組みになるので、

裏のマンションに勢いよく飛ぶのを防ぐことが出来ます。

  • 修繕費用総額:150万円
  • 保険適用額:120万円
  • お客様負担:30万円