ホームリー・ワンのスタッフブログです。これから修理・修繕を検討されるお客様は、ぜひお見逃しなく!
スタッフブログ
18.02.14
冬の結露について

こんにちわ!

ホームリー・ワンの大島です。

 

平昌オリンピックが開会しましたね!

今のところ、日本は銀メダル3つ、銅メダルが2つでしょうか?

(もしかすると当ブログあげてる最中、変動あるかもしれません)

 

あくまで個人的にですが、”女子アイスホッケー”は燃えました!

スケートリンクを滑るだけでも凄いのに、小さなパックを巧みに動かしたり、

女性でも関係なく選手同士の激突があったりなど、胸にくるものがありました。

スイス戦は惜しかったですが、是非とも頑張って頂きたいものです。

 

さて、お話は変わりますが、ここ最近のお問い合わせで「結露」のご相談をよく頂きます。

今回は冬の結露と対策について簡単にご説明できればと思います!

 

住宅の結露の種類として、「外部結露」「内部結露」があります。

外部結露はよく窓ガラスなどに発生することが多く、飽和水蒸気量の許容値を

超えてしまうと水蒸気の形ではなく、水となって発生してしまいます。

 

d9a11a92b519a59d3a0cac9177a3173c_s

 

原因としては急激な温度変化によって発生してしまうものですので、

冬でもこまめな「換気」が重要になってきます。

ですので、多くの水蒸気を発生することが多い場合は、窓を開けたり、

換気扇などを使用して換気することが大切です。

 

内部結露は外部結露より厄介です。暖かい空気が壁の内部に侵入して、

水蒸気を含むことができる限界の温度を下回る場所で発生します。

 

UsXbxwpkzfm9nfq1518571564

 

特に多いのは断熱材に発生し、長期間放置してしまうと「カビ」が発生してきて、

回りの柱や土台に侵食し腐らせてしまう可能性があります。

こうなると地震がきた時に、強度が心配になってしまいます。

 

健康などにも影響が出てきますので、お部屋がかび臭いと感じたお客様は、

お部屋の内部点検をおすすめします。点検口がついていれば、解体することなく

点検を行えますので、お気軽にご連絡ください。

 

今年の北海道の冬は一定の地域を除いては比較的雪が少ないように感じます。

ですが、外部の被害だけではなく、結露の様な内部の被害も多くなってきます。

ぜひご参考にしてみて下さい。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

Twitter、Facebook、Instagram開設してます!

お気に召しましたら、、、

フォロー、いいね!お願いしますm(__)m

 

Twitter:https://twitter.com/HomeRe_ONE

Facebook:https://www.facebook.com/homere.one/

Instagram:https://www.instagram.com/homere.one/

 

札幌のリフォーム会社

ホームリー・ワン株式会社

TEL:0120-123-324

WEBからのお問い合わせはコチラから

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~